郵便局員を見るたび、手紙をせがむ犬。そして何も便りがない日は…

オーストラリア、ブリズベンで働く郵便局員のマーティン・スチューダーさんには、ある特別な「お客様」がいます。

 
それは、犬のピッパ。

郵便を受け取るのが大好きな彼女は、彼を見かけるといつも駆け寄ってきて、手紙をくれとせがむのだそうです。

 
しかしもちろん、一つも届けるものがない日もあります。

そんなときは



 
マーティンさんが「ピッパへ」と書かれたお便りを自分で作り…

こっそり渡してあげているのだとか(笑)

 
「彼女をがっかりさせたくないから」と話すマーティンさん。

宛名書きに添えられたハートマークからも、ピッパに対する愛情が伝わってきます(*´▽`*)

 
自分の仕事を果たすことができて、ピッパも満足げですね!

 
ネットの反応

●とっても素敵な話!

●あなたみたいな人が世の中にいることを知れて嬉しい

●可愛い! ピッパみたいな犬が欲しい!

●ピッパに手紙を送りたいけど、どうやったらいいかな?

 
2人の温かな友情に、他のユーザーからも称賛の声が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ