強盗に拳銃を突き付けられたオーナーは、「まさかの行動」に出た!



ニュージーランドのとあるファーストフード店。

オーナーのアハマドさんがお客さんの対応をしていたとき、

突然、拳銃を持った目出し帽の男が、「金を出せ!」と押し入ってきました。

 
すると…アハマドさんは「信じられない行動」をとります!

Canterbury Police would like to identify the man in black who enters the shop in this video. If you know him, or if you have information that might help identify him, please contact Christchurch Police Station on 03 363 7400. Information can also be provided anonymously via Crimestoppers on 0800 555 111. Please quote file number 160529/4294.

Canterbury Policeさんの投稿 2016年7月6日水曜日

 
銃を突き付けられた彼は…

なんとニッコリ微笑み、「順番だから」と言わんばかりに、注文ずみ商品の準備を続けたのです!

 
まさかのスルーに強盗も呆然。

その直後、「できましたよー!」とアハマドさんがテイクアウト商品を差し出すと、強盗も我に返ったのか、自分のバッグを差し出します!

 
しかし…

「いやいや、俺のだよ」とばかりに、後ろからお客さんが現れ…(笑)

商品を受け取り、強盗を一瞥して平然と去っていきました。

 
アハマドさんもお客さんも、強盗に入られていることなど、完全に気にも留めていない様子です…!

 
そして、強盗と2人っきりになったアハマドさんは…

「注文しないのね?」

 
そのまま強盗を再びスルーし、店の奥に去っていきます。

これには強盗も、「俺は夢でも見てるのか…」とばかりに、店を後にするしかありませんでした。

 
その後、この目出し帽の男は逮捕されたそうです。

 
銃を突きつけられてもなお、徹底的に強盗を無視したアハマドさんは、事件後に語りました。

強盗は僕のふるまいに完全に困惑していた。

彼は僕を怖がらせたかったのに、僕は怖がらなかった。

その時点で彼は、力を失ってしまっていたんだ。

 
ニュージーランドへ移民としてやってくる前に住んでいたエジプトで、アハマドさんは長年、ひどい暴力を目の当たりにしてきたそうです。

心臓はバクバクと鳴っていたし、僕も正直とても怖かった。

でも、それを彼に見せるつもりはなかったよ。

そういう性分だしね。

 
この国にきて20年もたつけど、ケンカなんて一度も見たことがない。

エジプトでは争い事が日常茶飯事だったけど、ニュージーランドは穏やかなもんだよ。

ここは、平和な国なんだ。

 
犯人も、客も、そして自分自身も傷つけることなく、強盗事件を終わらせたアハマドさん。

「決して闘わない」ことを貫いた彼は、最強の英雄です!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事