愛犬を失って数か月。癒えない悲しみの中、男性は「ある決心」をした


タグ

大好きだった愛犬を失ったスティーブ・グレイグさん。

時がたっても薄れることのない悲しみに打ちひしがれながら…

彼の心に「ある思い」が浮かびました



ほかの犬たちにも、幸せな人生を送らせてあげたい。

 
コロラド州デンバーのシェルターを訪れたグレイグさんは、そこで保護されている犬を引き取ることに決めます。

しかも、グレイグさんが家に迎え入れたのは…

シェルターを訪れる人たちから注目されづらい「老犬」でした。

 
新しい飼い主さんを見つけられるのは、ほとんどが子犬や若い犬たち。

一方で、老犬は健康上の理由などから引き取られにくく、シェルターで最期を迎える犬たちも少なくありません。

 
初めにグレイグさんは、心雑音があり、膝に問題を抱える12歳のチワワを引き取りました。

その後も、続々と老犬たちを受け入れ続けます。

 
そしていつしか…

共に暮らす犬たちの数は、10匹になりました!

 
グレイグさんは毎朝5時に起きて、動物たちの朝ごはんを作り始めるそう。

 
身体が小さな子もいれば、その何倍もの大きさの子もいます。

サイズや体調も様々なので、もちろん食事も異なるものを用意しなければなりません。

 
健康に問題のある子たちには、薬も飲ませます。

 
仕事のある日でも昼には一旦帰宅し、外で遊ばせたり、おやつを与えたりして愛情を注いでいるのだとか。

 

老犬たちは、子犬や成犬よりも賢いよ。

 
グレイグさんは彼らの魅力について、そう語ります。

 
忙しくとも、家族が喜んでいる。

それだけで、ぼくの毎日は価値あるものになるんだ。

 
なお、グレイグさんは犬たちに加え、豚、アヒル、鳩、猫、鶏も飼育中。

それでも将来的には、もっとたくさんの老犬たちを引き取るつもりだといいます。

 
彼の優しさは、今日も多くの動物たちに、かけがえのない幸福を与えていることでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ