歩道で死にかけていた子猫は…その強い意思で、「奇跡」を起こした!

ある日、カナダ・モントリオールの歩道で見つかった小さな子猫。

 
横たわるその姿を見て、発見した女性は「もう死んでしまっているのか」と思ったものの…

かすかに動き始めたため、すぐに獣医に連れて行ったと言います。

 
全身ノミだらけの子猫は、ひどい栄養失調と脱水症状を起こしていました。

毛も抜けてしまっており、生後4週程度にも関わらず、生後3週の猫と同じ程度の体重しかありません。

 
それでも…すぐに冷え切った身体を温める処置が行われた結果、なんとか一命を取り留めることができました。

奇跡の回復

その後、保護団体Chatons Orphelins Montrealに引き取られることになった子猫は、マディと名付けられます。

 
尻尾近くの傷、口の潰瘍、カリシウイルス感染症に尿路感染…

数々の不調を抱えていましたが、彼女は決して諦めませんでした。

どうやって回復を遂げたのか…私たちも不思議に思う程です。

奇跡としか言いようがありません。

 
マディは体調が悪い時でも、いつも食欲旺盛だったそうです。

子豚みたいにガツガツ食べるんです(笑)

その姿を見ると、本当に勇気付けられます。

 
引き取ってから1週間もすると、体重は2倍になり、家中を走り回るようになりました。

 
日を追うごとにたくましく、やんちゃに成長していき…

やがて、甘えん坊の一面も見せ始めたのだとか(*´∀`*)

関連:嵐が近づくなか…1匹の子猫が、勤務中の警官に駆けよった結果?

勇敢な子猫

奇跡のような回復劇を見せてくれたマディ。

遊ぶのが大好きで、人が何をしているのか興味を持っているみたい。

いつも誰かのそばに居たがるんです。

 
困難に打ち勝った小さなファイターへ…

改めて、大きな拍手を送ります!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ