『広い海へ出てみよう』 さかなクンの「いじめ」を巡る12年前の言葉が、今も胸を打つ

2006年12月2日付の朝日新聞にも掲載された、さかなクンの『いじめ問題』に対するメッセージ。

10年以上の月日がたってもなお、言葉の一つ一つが深く心に刺さります



広い海へ出てみよう

中一のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。

いばっていた先輩が3年になったとたん、無視されてたこともありました。

突然のことで、わけはわかりませんでした。

 
でも、さかなの世界と似ていました。

たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。

せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。

けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。

 
すると、残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。

助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。

いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。

同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

 
中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。

ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。

でも、仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。

学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。

話を聞いてあげたり、励ましたりできなかったけど、誰かが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

 
ぼくは、変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。

大切な友達ができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んだりしても楽しい思い出は残りません。

外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。

 
広い空の下、広い海へ出てみましょう。

 
ネット上にこの文章が掲載された当時、多くの人々から感動の声が寄せられました。

●さかなクン…。いえ、さかなサン

●人間一人の目から見える世界なんて常に狭くて小さい。もし自分の子どもがいじめられたら、海外旅行に連れて行く

●むしろいじめている君へ

●いじめや海を表現しているけど、悪い事や世の中に当てはめると、色んな事に当てはまる…広い視野持って、広い世界を見よう

●「いじめをなくす」なんて夢物語を延々と語るのはいい加減もうやめて、「いじめる側に回らない方法」「いじめられた時に逃げる方法」を徹底的に教育しろ

●さかなクンのいじめについての文章、何度読んでもいい。さかなクンすてきだよ

 
さかなクンの様に「好き」を極めることは、容易ではありません。

しかし、小さな環境から一歩外に出ることは誰にでも可能です。

 
学校が唯一無二の世界ではない。

その事実を、いじめられている子にも、いじめている子にも、我々大人が伝え続けていく必要がありますね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]