余命3か月と宣告された祖父。施設ではなく、親戚一同で介護する道を選んだ結果?

腹プニ黒狐のコニ@奏手候 (@konicharion)さんが投稿した、「介護」をめぐるご自身の体験談に注目が集まっています。

 
壮絶なお話…!

 
医師の診断を覆したこと自体は、喜ばしい展開でしたが…

親類の方々も、そして亡くなられたおじいさん自身も、そのような結末を迎えるとは思っていなかったことでしょう。

 
介護は人情だけで乗り切れるものではない。

この事実だけは、絶対に覚えておかなければなりません。

 
ネットの反応

●施設に入所=親不孝ではないですよ。仕事だからと割り切れるので、血縁でない相手だからこそできる部分もあると思います

●不慣れな家族が介護を続けると、本人や家族の間で感情の軋轢も生じやすく、虐待や家庭崩壊、最悪心中に発展するケースさえあります

●やっぱりプロに任せられるものはプロに任せた方が良い

●決して他人事では無いんだよね

 
言葉を失うようなエピソードに、他のユーザー達からも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]