『だからPTAは嫌い』 仕事で来れないパート主婦に対し、飛び出した「陰口」が酷かった

匿名掲示板『GIRL’S TALK』に、とある女性が「PTAのあり方」を巡って、こんな意見を投稿しました。

PTAの仕事で。

パート主婦がPTAの会合にどうしても仕事の都合で来れないらしい。

 
いる人でやっていくしかないのに、また悪口が始まった。

「有給休暇があるはずだ!」と。

 
これだからPTAは嫌いなの。

有給休暇の使い道まで干渉すんな!って。

 
1人が不参加となれば、残った人員に負担が及ぶのは分かります。

とはいえ…

それぞれの家庭で事情が異なる中、働いている方の有給まで奪ってしまうような発言は、確かにやりすぎな気がしてなりませんね。

 
このエピソードには、他のユーザーからも様々な反響が寄せられました。

 

みんなの声は…

仕事とボランティア活動のPTAなら、当たり前に仕事優先でしょ。

パートだってシフト制じゃ無い仕事たくさんあるし、仕事イベントがあって絶対に休むなってのもあるよね。

むしろPTAの方が強制じゃないはずなんだから、悪口言われてもねぇ。

まず、PTAへの入会を希望制にすべきだよね。

できない諸事情だったり、体調不良でってのはしょうがないよね。

ただ、仕事も1回くらい出られないならしょうがないと思うけど…

毎回毎回仕事でって言われてると、「前もってわかってる事なんだからなんとかしろよ!」って思っちゃうんじゃないかな。

できないならなぜ役員引き受けるの?

みんな仕事してても都合つけてやってるんだよ?

って、なっちゃうんだよな…。

今の時代にPTAの活動とか合ってないのかもね…。

「出来ないなら何故引き受けるのか?」って言う方の学校は、全員強制じゃないんですね。

うらやましい。

うちの子どもたちの学校は、毎年全家庭1役で、仕事してようが介護してようが必ず何かやらされます。

出来る人だけ引き受けるシステム、良いなぁ…。

 
家庭を支えるため、働くことを最優先しなければならない人々。

仕事についてないと言うだけで、活動に「駆り出される」親たち。

そして、既に抱えきれないほどの激務に追われている先生方…。

いずれの立場にも、同情するほかありません。

 
いったいどうすれば、この状況を打破することができるのでしょうか。

教育現場が直面している現実は想像以上にシビアだと、改めて思い知らされる一幕でした。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ