『怖くないんですか?』 DV夫の更生指導者に尋ねたら、ハッとする答えが返ってきた

Ann🌷離婚調停中 (@mancheak)さんが、DV(家庭内暴力)加害者たちの更生に携わっている人と話した時のこと。

『怖くないのか』と、率直な質問をぶつけた結果



 
「彼らは妻にしかやらないですから」

ハッとさせられる言葉です…。

 
ゆえに、発覚が遅れてしまうものなのですね。

 
最近では、夫から妻のみならず、妻から夫へのDVも増加しているといいます。

さらに、連日報道される子どもへの虐待事件も含めて考えれば…家族という枠組みの中に限って「暴力」の定義を見失ってしまう人は、我々が想像する以上に多く存在するのかもしれません。

 
ネットの反応

●闇深

●妻以外にしていたら、今頃牢屋の中だもんな。逮捕されないからこそ、妻は苦しいのだろうが

●夫婦間だけに限らない。家族へのDVをやらかす人間はだいたい外面がいいので、周囲に信じてもらえないケースが多い

●パワハラやイジメも同じ匂いがしないでもない

 
内閣府男女共同参画局のホームページには、配偶者からの暴力被害者支援情報電話相談ナビをはじめとして、DVに関する詳しい定義や対処法について記載されています。

ご自身が悩んでいる、もしくは身の回りに悩んでいる方がいるという場合には、ぜひご参考になさってください。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ