『泣いて謝られた』 泥酔した若者が病院で目覚めたのち、医者へ告げた「後悔」とは?

外科医の武矢けいゆう@外科医の視点 (@keiyou30)さんが投稿した、ある日の当直中のエピソードに注目が集まっています。

 
泥酔者が、「望んでお酒を飲んでいたわけではないケース」も存在する。

なんとも考えさせられるお話です。

 
誰もが大前提として、「お酒は万人共通のコミュニケーションツールではない」ことを胸に刻まなければなりません。

 
飲める人には「勧めない気配り」、飲めない人には「断る勇気」が求められます。

 
ネットの反応

●もう、くだらないことはやめましょう。お酒は楽しく飲んで欲しい

●無理やりなんて…辛いですし本当に危ないですよね

●そうなんですよね。お酒で人は死ぬんですよね

●私はお酒が大好きだけど、だからこそ安全なお酒の飲み方が浸透してほしいし、パワハラの温床にして欲しくない!

 
皆が集まる宴会の席で、もしも困っている人を見つけたら…

ぜひ助け舟を出せるように心がけたいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ