『死ぬときぐらい好きにさせてよ』 俳優・樹木希林が残した「美学」を振り返る

2018年9月15日。樹木希林さんが、ご自宅にて75歳で息を引き取りました。

 
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『万引き家族』での好演も記憶に新しい彼女。

 
「唯一無二」でありながら決して場を壊さない卓越した表現力は、多くの著名人にも影響を与えています。

 
また、映画におけるセリフと同様…

スクリーンの外で飄々と発せられる芯が通った発言も、たびたび注目を集めました。

関連:親からは感謝の声も。男子が抱く「ピンク色への羞恥心」を消し去った、ある人物とは?

 
なお、キサ@酒クズ隊長 (@meltyrabbit_k)さんは今回の訃報を知った時、2016年1月5日の毎日新聞に掲載された、とある広告を思い出したそうです。

 
「死ぬときぐらい好きにさせてよ」

何もかもをあるがままに受け入れる。そんな美学の尊さを、彼女ほど体現した人はいません。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ