大震災の翌日、搭乗したJAL便の機内でアナウンスが流れ…忘れられないエピソード

大貫剛 (@ohnuki_tsuyoshi)さんが投稿した、航空会社・JALのエピソードに、注目が集まっています。

 
東日本大震災が発生した翌日の3月12日、大貫さんは新千歳空港から帰路に就きました。

 
たとえ物資が不足していようとも、力強く、そして出来る限りのサポートに務めた職員さんたちの姿勢は、どれほど乗客の心を勇気づけたことでしょうか。

あの日から6年。国民皆が一丸となって互いを支え合ったこと、そして、未だに戦い続けている人々がいるという事実を、決して忘れてはいけません。

Twitterの反応

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ