サインをもらいに「28年前の台本」を持参したはずが…ファンの行動がカッコ良すぎる

アニメ『機動戦士ガンダム』の主人公、アムロ・レイ役の声優を務めたことで知られる古谷徹 (@torushome)さん。

先日、そんな彼のサイン会が開催されました。

 
すると、とあるファンの方がサインをもらうべく、88年の劇場公開作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の台本を持参して訪れたのだとか。

28年前の台本など、それだけでも非常に貴重。ましてや古谷さんのサイン入りともなれば、一生の宝物となるはず。

しかし、古谷さんと言葉を交わしたそのファンの方は…

 
台本を持っていないと語る古谷さんに対し、「在るべきところにお返しします」とプレゼント!

まさにファンの鑑です!( ;∀;)

 
感動した古谷さんは、その場にいた方に色紙を用意してもらい、しっかりとサインを書いて手渡したとのこと。

ともすれば、憧れの人に「決して忘れません!」と言われるような経験は、どんなグッズよりも貴重なものかもしれませんね!

Twitterの反応

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]