「化粧したパパなんか子どもが可哀想」と言われたりゅうちぇる。明かした「信念」に感動

現在、数多くのバラエティ番組から引っ張りだこの人気タレント・りゅうちぇるさん。

 
フェミニンで気の優しい印象のある彼ですが、7月17日に放送されたフジテレビ系特番「爆笑!いいね動画シアター」において、とても芯の強い一面を見せたと話題となっています。

 
件の番組では、りゅうちぇるさんの素顔を暴くべく、事務所の先輩・宮城舞さん、同期の谷まりあさん、さらにマネージャーのどらみさんが仕掛け人となり、ドッキリが敢行されました。

企画の中盤までは、お弁当が全部白米だったり、周囲から苦手な牛乳を勧められたりと、司会者の東野幸治さんが思わず「嫌がらせや(笑)!」というようなトラップにも、ほんわかと彼らしい対応を見せていたりゅうちぇるさん。

しかし最後の仕掛けとして、彼のファッションに対し、宮城さんから「男が化粧なんてありえない」という爆弾発言が投げかけられると・・・。

 
以下、その時の宮城さんとりゅうちぇるさんのやり取りです。

「例えばぺこ(同じくタレントで、りゅうちぇるさんの恋人)と結婚して、子どもが生まれても、そんなパパでいるの?」

「絶対可愛いパパでいます」

「でもそれ、絶対子ども可哀想だよ」

「『そんな』って言われてるけど、負けないで自分をしっかり持つっていう姿を見せます。人に合わせないで自分の好き嫌いをしっかり表現できる子というか、しっかり自分を持った子に絶対育てるので。もしお父さんがこうやって言われるのが嫌って思うんだったら、もう『お父さんって思わなくていいよ』って言います、僕」

「マジ?」

「そのぐらい、自分をしっかり持てる子。こうやって言われてるからって、恥ずかしいって思うような弱い子には、絶対育てないです」

 
そして彼は、辛いことを言われることは多々あったが、自身のスタイルを曲げるつもりはないと断言し、最後に笑顔で、「偽りの自分に慣れたら、人に何も教えられないと思います」とキッパリ。

この信念に満ちた一言には、仕掛け人である宮城さんも完全に圧倒され、「なるほどね…」と答えるしかありませんでした。

 
その後、ネタバラシの準備のため、仕掛け人たちが退出。すると…

部屋にひとり残ったりゅうちぇるさんが、悔しさからか号泣し始めたのです。

 
慌てて部屋に戻った宮城さんたちが、「全部嘘だから、尊敬してるから…」とドッキリであることを明かすと…

「恥ずかしい! これドッキリ!? やだー、ちぇるちぇるビーム!!」

いつものりゅうちぇるさんに!!

この一連の映像を見た東野さんも、「なんでこの番組で感動させらなきゃあかんねん!」と毒づきつつ、心を打たれた様子をのぞかせていました。

スポンサードリンク

 
周囲からどんな評価をぶつけられようと、まっすぐに自分を貫き通すりゅうちぇるさん。パートナーであるぺこさんも、彼のそうした部分が大好きなんだとか。

CnkAy62UkAAcLCj_R

 
たくさんの魅力にあふれたりゅうちぇるさんから、今後も目が離せません!

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]