「その援助、嬉しいけどちょっと待って!なぜなら…」阪神大震災経験者の率直な思い


先日熊本県で起こった未曾有の大震災。

被災地に対して「なんとか助けたい!」という思いから、”案ずるより産むが易し”と、救助を手伝うべく実際に被災地に出かけたり、救援物資を送ったりと、行動に移される方もいらっしゃるかもしれません。

 
Twitterユーザーの澤田 圭さん(@keisawada)が、そんな方々に向け「その気持ちはとっても嬉しいけれど、今はちょっと待って」と投稿したイラストが話題になっています。

「行動できる気持ちは素晴らしい!!」としながら、その行動によって被災地がさらに混乱する可能性もあるので、少し待って欲しい、と注意を促しています。

コチラは澤田さんが阪神大震災を経て感じられた率直な願いです。

スポンサードリンク

 
このツイートは多くの方に拡散されています。

 
やみくもに行動することで、被災地の混乱を招く可能性もある、ということがよくわかるこちらのイラスト。

東日本大震災からまだ間もない時期に起こった今回の大震災、さまざまな可能性を考えた上で日本が一丸となり被災地を応援したいですね。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]