「便利になるから不便になる」千原ジュニアが語る”高齢者の自動車事故対策”に共感の声

昨今、高齢者による自動車事故が、ワイドショーなどで大きく取り上げられ、広く問題視されています。

そんななか、20日の深夜に放送されたバラエティ番組『にけつッ!!』(日本テレビ系)において、お笑い芸人の千原ジュニアさんが述べた、ある「提案」が注目を集めています!

それは・・・

「60歳以上(または)70歳以上はミッション(MT車)しかアカンことにしたらええやん」
(参照:千原ジュニアが高齢者の運転に訴え「とりあえずミッションに」)

 
報道されている事故の多くは、AT車におけるブレーキとアクセルの踏み間違いによるもの。

クラッチ操作が必要となるMT車であれば、万が一急にアクセルを踏み込んでしまったとしてもエンストするだけだと、ジュニアさんは語ります。

「便利になるから不便になんねん。オートマ車だから、あんなことになる」

(参照:千原ジュニアが高齢者の運転に訴え「とりあえずミッションに」)

 
さらに、本当に車の運転に自信を持った方なら、MT車でも問題なく乗れるはずだと付け加え、「(高齢者の方は)とりあえずミッションに」と締めくくりました。

 
この意見に対し、Twitter上でも共感の声が上がっています。

 
あえて不便さを受け入れることで、解決しうる問題もある。

テクノロジーが急速に進化している今の世の中。「高齢者の事故」という特定のカテゴリーに限らず、あらゆる場面において振り返るべき、大切な教えかもしれません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ