車に轢かれかけていた野良の子猫を救助したら…すぐ肩の上に乗り、そのまま「昼寝」を開始!?

交通の激しい車道で発見された、1匹の子猫。

道路を横切ろうとして車の下に潜り込んでしまった彼女は…

慌ててブレーキをかけた運転手の男性によって、何とか無事に救助されました。

間一髪で

やがて、米アーカンソー州で動物保護の活動を行っているホリーさんが…

運転手の男性によって発信された、「子猫を助けてほしい」というSNSの投稿を目にします。

さっそく車に乗り、迎えに行くと…

人懐っこい子猫は、すぐにホリーさんに懐いて、肩の上に飛び乗りました。

加えて、「自分を助けてくれる優しい人だ」と理解しているかのように…

その場で、すやすやとお昼寝を始めます。

独りぼっちの野良生活で、身も心も疲れ果てていたのかもしれません。

ホリーさんは、マルセロ君という少年を養子として引き取っていたのですが…

その日は偶然にも、彼と出会ってから2周年の記念日でした。

めでたい日にやってきた子猫を、マルセロ君も歓迎します。

「名前を付けてあげて」とお願いしたら、かなり熟考していました。

それから、「アップルシード!」と、とてもいい笑顔で言ったんです。

生後5-6週間ほどのアップルシードは、やや体重不足だったものの…

栄養たっぷりのご飯をお腹いっぱい食べ、ようやくひと心地ついた様子。

新しい住処にもすぐに慣れて、あちこち探検を開始します。

どうやら、インドア生活への適性もバッチリのようですね。

関連:1日違いで保護されたタキシード模様の子猫と白猫。互いに野良猫だった2匹は、やがて無二の親友に

快適な暮らし

こうして、里親のもとで人間との共同生活を学んでいったアップルシード。

危険がいっぱいの屋外で、お腹を空かせてさ迷う孤独な日々とは、もうお別れです。

その人懐っこさを存分に活かせる、素敵な「生涯の家」が見つかると良いですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ