雄の茶トラ猫と雌の黒猫。ノラ生活を送っていた2匹は…子猫のために「出産場所」を探していた!

米ニューヨークのマンションに引っ越してきたジアンナさんのもとに…

とても可愛らしい来客が、挨拶にやってきました。

生後10か月ほどの人懐っこい猫たちが、裏庭をうろうろしていたんです。

引っ越してきた私たちに、興味津々みたいで…

夕食の食べ残しをごちそうすると、すぐに懐いてくれました。

思わぬ来客

茶トラの猫・ミソと黒猫のスキは…

それからというもの、朝と夜には必ず裏庭に現れるように。

ご飯を食べさせてもらったり、身体を撫でてもらううちに…

2匹は少しずつ、ジアンナさんへの信頼を深めていきます。

やがてミソとスキは、彼女の家を正式な住処とする決心がついたのか…

夜になっても去らず、裏庭で眠りに就くようになりました。

そして、2匹と触れ合ううちに、ジアンナさんもあることに気が付きます。

彼らの身体は、とても痩せていたんですが…

スキのお腹は、ミソと比べて、少し膨らんでいるようでした。

それに、ほとんどずっと横たわっているんです。

獣医の先生に診てもらったところ、スキは妊娠しており…

2-3週間のうちに出産が始まるだろう、とのこと。

そして、おそらくはミソが、その赤ちゃんたちの父親のようでした。

それから、およそ2週間後。

ミソに励まされながら、スキは7匹もの健康な赤ちゃんたちを出産します。

赤ちゃんと対面したパパは、未知の生命に興味津々。

注意深く観察したり、匂いを嗅いでみたりと、落ち着かない様子です。

一方のスキは、とても献身的な母親で…

自分の疲れも気にせずに、子猫たちに愛情を注ぎ続けました。

関連:妊娠中に保護された茶トラの野良猫は、無事に子猫を出産すると…すばらしい子煩悩ぶりを発揮!!

ハッピーエンド

母子ともに健康に出産を終えることが出来たのは…

ジアンナさんが手を差し伸べ、安全な環境を提供したからこそ。

夫婦と子猫たちも、深く感謝しているに違いありません(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ