妻と別れた飼い主に「腹いせ」で虐待されたシベリアンハスキー。それでも彼は、再び人間を信じ…

とある男性が、当時まだ幼かった1匹のシベリアンハスキーを、奥さんへのプレゼントとして連れ帰りました。

しかしまもなくして、彼は奥さんから離婚を申し込まれてしまい…

やり場のない怒りを、何の罪もない犬にぶつけ始めます。

それから約2年に渡って、ろくに水すら与えず飼育放棄。

雨風を凌ぐための小屋も用意せず、鎖につないだままにしていたのです。

理不尽な復讐

動物の保護活動を行っている方が、そのシベリアンハスキーを発見したとき…

毛はほとんど抜け落ち、骨が浮いて見えるほどにやせ細っていました。

車に乗せようとしても抵抗せず…

アニマルシェルターへと向かう道中、ずっと眠りこけていたそうです。

無論、食事も運動も出来なかった生活が続いたため、彼の身体には幾つもの問題がありました。

それでも、適切な治療を受けて…

ハスキーはぐんぐん健康を取り戻していきます。

やがて体重が40ポンド以上も増え、美しい毛並みも復活。

その後、「フィン」という名前をもらったハスキー犬は…

めでたく優しい飼い主さんと出会い、温かな家庭へと迎えられました。

関連:マイペースすぎるハスキーが、ドッグショーの障害物レースに挑戦したら…そのゆるーい走りぶりで、一躍SNSのスター犬に!?

ハッピーエンド

たいへん人懐っこく、また寛容な性格のフィン。

人間から理不尽な扱いを受けていたにもかかわらず、その陰をまったく感じさせません。

彼がこれまでの不幸を忘れるほどに、最高の暮らしを送れるよう…

そして同樣の悲劇を経験する犬が二度と現れないよう、強く願うばかりです。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ