『売名と言われても…』 豪雨被災地へ寄付した指原莉乃のコメントに称賛

先日、豪雨の被害を受けた地元の大分県と日本赤十字社へ計2000万円を寄付した指原 莉乃(@345__chan)さん。

後に彼女は、今回の行動について、以下のようなツイートを投稿しました。

 
「できる時に、できる人が、できる事を」

心から、うなずかずにはいられません。

苦しむ人のため

被災地を想う気持ちは、きっと多くの人へ届いたはずです。

 
指原さんの揺るぎない信念へ、大きな拍手を送るとともに…

我々も、「自分にできる何か」を探し続けていきたいですね。

関連:ポルノやX JAPANも販売済み。アーティストが本当に売るべき「ツアーグッズ」とは

みんなの反応

●口だけで行動しない人も多くいる世の中で、自分が正しいと思ったことはきちんと自分の言葉で主張し、行動できる指原さんを人として尊敬します。被災者ではありませんが、勇気づけられました。ありがとうございます

●「できる時にできる人ができる事を」、その通りだと思います。さっしーの今回の行動にとても感動し共感したので、僕も些少ながら今、さっしーの真似をしてきました。いつも素敵すぎるお手本をありがとう!そして、大分県のために本当にありがとうございます!感謝を込めて

●さっしー、素晴らしいです。僕は職場が狭間町で、被災地を見て、体験して、いまだ現在進行形です。障がい者施設に勤務しており、施設近くの橋と家が流され、線路下が崩壊、施設駐車場下まで増水し、土壌がえぐられてしまいました。さっしーの行動は、励みになります

●さっしーありがとうね。大分県民として感謝しかないです。さっしーほどの若さでなかなか出来る事ではありません。素直に凄いと思います。大分県民は凄く勇気づけられると思います。励まされます。本当にありがとう

 
胸が熱くなるコメントに、リプライ欄にも称賛の声があふれていました!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ