小学校の登校開始を受けて…熊本市教育長の『メッセージ』に称賛の嵐

緊急事態宣言の解除を受け、多くの小学生たちが登校を再開する中…

遠藤洋路(@endohiromichi)熊本市教育長が、こんな呟きを投稿しました。

 
素晴らしいメッセージ…!!

無理は禁物

イレギュラーな事態に見舞われた子どもたちの『最善』を考える上で…

こうした提言は、本当に重要です。

 
何よりも優先すべきは、心身の健康。

失った日常を少しずつ取り戻しつつある今だからこそ、この事実を改めて胸に刻みこみたいですね。

関連:Web対応中の小学校で…教員が気づいた「ハッとする事実」とは

みんなの反応

●学校再開の必要性もわかるけど、この一言があるか無いかで全然違う

●不登校からようやく脱せると思った矢先のコロナ。死にたくないから学校には行かないという息子。教育長がこう言ってくれると、保護者も救われる。学校の先生も無理しなくていいですと。見守ってくれて有り難いです

●群馬県です。群馬県でもうちの市だけが、分散なしの通常登校、初日から給食ありです。学級も35人までは分けないとのこと。同じ日本でありながら、この違い。子どものことを考えてくださる教育長で羨ましいです。本来、それが当たり前だとも思うのですが、うちの市の教育長見てると…

●他県からですが、教育長のお言葉にほっとします。みんなが喜んでいるから、うちも行かせなきゃ行けないかな、そんな空気に。病気にかかると重症化しやすかったり、喘息があったりするけど、行かせるのをためらい、不安がる子供の背中を押さなければ行けないのかなと悩んでいました

 
グッとくるツイートに、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ