【子猫】 タキシードのような子猫の毛色が、成長するにつれて「白く」なっていく。そして彼女は…驚きの変身を遂げた!!

ある日、地元の農場で生後4ヶ月の子猫・エリとその妹を見つけたドイツに住むニコールさん。

彼らはダニや耳の感染症で酷い状態で…

苦しむ姿を見ていられなかったので、2匹を家に連れ帰りました。

 
当時新しい猫を迎えようと考えていましたが、こんな形での出会いは予想外でした。

 
その後は適切な治療とたっぷりの愛情のおかげで、姉妹は元気を取り戻していきます。

白い模様

出会った頃からエリはとても甘えん坊。

かなりヤンチャで、時々猫というより犬みたいに振る舞うんです。

 
さて、2匹はとてもよく似た黒と白タキシード柄の模様を持っていましたが…

9ヶ月後、ニコールさんはある異変に気がつきます。

 
エリの黒い毛並みに、白い模様が混じり始めていたのです。

始めはゴミが付いていると思い、取ろうとしましたが…

彼女の毛だったんです。

 
それから数ヶ月、白い模様はどんどん全身に広がっていきました。

 
原因を突き止めるため獣医に連れていくと、彼女は肌や毛の色素を失う「白斑症」を患っていると判明。

人間でも1%ほどしか確認されておらず、猫や犬ではもっと珍しい疾患です。

しかし、見た目以外に健康上の問題もないため、本人はまったく気にしていない様子。

 
その後もエリは順調に成長を重ねながら、少しずつ「銀色毛の猫」へと変身していきました。

関連:【子猫】 凍える夜に、雪の下から子猫を保護した警察官。新しい家族を見つけようとしたけれど…「運命」はすでに決まっていた!

ますます魅力たっぷりに!

大きくなってもニコールさんの一挙手一投足すべてに興味津々で、家中を付いて回ります。

まるで小さなシロフクロウみたい。

彼女の模様は、今でも毎日変わり続けています。

 
その美しい姿と人懐っこい性格で…

エリは、これからもたくさんの人々を魅了していくことでしょう(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ