【子猫】 生後3週間の幼い子猫が人の手に保護されると…持ち前の好奇心を発揮して、あっという間にインドア生活に馴染んだ!

野良猫の避妊・去勢を行っているボランティアを通じて、生後3週間の幼い子猫が保護されました。

 
動物保護施設に連れてこられた彼女は、その愛らしさで…

周囲のスタッフをあっという間に魅了してしまいます。

新しい環境

まだ生まれてまもない子猫は、ほんのわずかな時間でも目を離すことができません。

そこで、里親活動を行っているニッキさんが、彼女を引き取って世話をすることに。

 
著名な歌手でありダンサーのボビー・ブラウンの曲になぞらえて…

子猫には、ロニという名前が与えられました。

 
数時間おきにご飯を食べさせてもらい、少しずつ体力を取り戻していくロニ。

まだ哺乳瓶で食事をする年齢だったんですが…

口に入るものは、なんでも食べようとしていましたね。

 
彼女が安全で快適に過ごせるように、ニッキさんは専用の部屋を用意してあげました。

独りぼっちで寂しさを感じないように、おもちゃも一緒に入れてあげます。

 
1週間と経たないうちに、ロニは身も心もどんどん成長して…

好奇心の赴くままに、家の中を探検して回るように。

飼い猫としての快適な生活を、気に入ってくれたようです(*´艸`*)

関連:【子猫】 家へとやってきた新入りの子猫に興味津々のシェパード。すぐに打ち解けた2匹は…くっついて離れない親友同士になった!

幸せな結末

やがて飼い主となってくれる方も見つかり、彼女は「生涯のお家」へと引き取られていきました。

 
これからも、その好奇心や食欲を存分に満たしながら…

最高のインドア生活を送っていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ