志村けんの番組が『世界のTVを変えた作品』として選出。理由に驚いた

1986年から1992年まで放送されていた、人気番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』。

その「凄さ」を巡って…すくすく。(@ScreamoTAI)さんが、こんな逸話を投稿しました!

 
そうだったのか…!!Σ(゚Д゚;)

新たな風を吹かせた

おっしゃるとおり、文句のつけようがない偉業です!!

 
リスクを負ってでも、『面白さ』を追求する。

志村さんの芸人魂へ、あらためて脱帽する他ありませんね(*´∀`*)

関連:かまいたち・濱家の結婚式で、フラッシュモブを始めた山内。結果…?

みんなの反応

●この流れは同局の『さんまのからくりTV』(後にSuperが追加)に受け継がれましたね。(後期は内容が全く変わってしまいましたが…)

●10年以上前ですが、キューバから来た音楽団が持参したビデオが日本のデッキ規格に合わず観れなくて、このビデオ見せたら全員超爆笑してました。こういう笑いは世界共通なのだと実感したあの日

●小学生当時このコーナーを毎週楽しみにしてました。ビデオカメラを持ってない人向けに番組側がカメラの貸出しも今から思えば斬新。あれでソニーのハンディカムも流行ったし8mmって規格も伸びたんちゃうかなとか思うぐらい

●志村けんはバカ殿と呼ばれているが実は名君なのだ

 
大変興味深いお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ