【子猫】 親とはぐれ、独りでさ迷っていた臆病な子猫。保護先で出会った先住猫がパパ役を買って出ると…2匹は強い絆で結ばれた

生後1ヶ月半ほどの子猫・フレッドは、駐車場をひとりぼっちでさ迷っているところを発見されました。

 
骨と皮ほどに痩せ細り、とても怯えている様子。

発見者は彼を放っておくことなどできず、自宅へと連れ帰って保護します。

父と子

その後、自宅で飼っていた2歳の猫・カールに会わせてみたところ…

2匹は、すぐに打ち解けたのだとか。

 
以来、親の愛に飢えた子猫のため、カールは父親役を買って出てくれました。

 
それからというもの、フレッドもすぐに落ち着きを見せ始めます。

 
優しいパパと出会えたことが、とっても嬉しかったのでしょう。

 
カールはフレッドに、あらゆる知恵やイタズラのコツを伝授しました。

どうやら、性格までそっくりだったようです(*´艸`*)

関連:【子猫】 農場で見つかった独りぼっちの子猫。キツネに襲われないように自宅に連れて帰ると、興味津々の先住犬がやってきて…?

親子の絆

やがてフレッドの身体が大きくなり成猫サイズになっても、2匹の仲良しぶりは変わらぬまま。

 
大きくなったフレッドは、逆にお父さんに毛づくろいをしてあげるようになりました。

立派に育った息子の姿に、カールの表情もどこか誇らしげです。

 
血の繋がりを超えて結ばれた親子が…

これからも仲良く、愉快に暮らしていってくれることを願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ