ニューヨークの地下鉄に現れるマスコット的存在のコーギー犬。その愛らしさで通勤の憂鬱を吹き飛ばし、みんなの人気者に!

米ニューヨーク市の地下鉄には、とあるマスコット的存在がいます。

 
彼女の名前はマキシン。

今年3歳になるコーギー犬で、いつも飼い主のリュックサックの中に納まっていました。

地下鉄の人気者

朝夕のラッシュ時の地下鉄はいつも混みあっており、息苦しさを感じさせるものですが…

マキシンはそんな乗客たちの通勤時間を、癒しの時間に変えてあげているのだとか。

 
マキシンの飼い主さんによれば…

私は、うちのコーギーが人々を幸せにしているのを見るのが好きなんです。

大勢の他人と一緒に電車に揺られている時間というのは、あまり気分の良いものじゃないですからね。

 
彼女が、乗客に誤って踏まれたり迷子になったりしないように、この移動方法が考えられたそう。

リュックサックの中に納まっている間は、ずっとお行儀良くしているといいます。

 
この移動方法は、彼女がまだ幼い子犬だった3年前から続けており…

飼い主の就職面接にまで、一緒についてきたこともあるそう。

 
そして今では、マキシンはニューヨーク地下鉄の人気者です。

 
インスタグラムのアカウントには、30万人以上のフォロワーもおり…

ただ道を歩いているだけでも、歩行者に気付かれてしまうほどの知名度を獲得しています(*´∀`*)

関連:コーギー犬に『骨のおもちゃ』を奪われたラブラドールレトリバーは…まもなく、賢すぎる「奪還作戦」を決行した!!

かわいい救世主

その愛らしい外見やしぐさで、人々の通勤時間を彩り続ける彼女。

 
たしかにこんなに可愛らしい乗客と乗り合わせたら…

仕事の疲れや落ち込んだ気分なんて、一気に吹き飛んでしまうかもしれませんね(笑)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ