過酷な野生暮らしで、顔つきに悲壮感がただよう野良猫。それでも時間をかけて愛情を注いであげると、表情にも変化が表れて…

カナダ・モントリオールの路上にて、1匹の子猫が発見されました。

 
ひどく悲しげな表情をしており…

汚れた毛は伸び放題で、身体のあちこちに怪我を負っています。

悲しげな顔

発見者の女性はその姿にたいそう心を痛め、彼を保護することを決意。

しかし、野良での生活が長かったためか…

捕獲用の罠をひどく警戒して、なかなか捕まってくれません。

 
3週間ほどかけ、彼が空腹に耐えきれなくなったところで、ようやく捕獲に成功。

アニマルシェルターに空きがなかったため、後にマーセルと名付けられた子猫は動物病院へと連れて行かれました。

 
伸びきった毛並みを整えてもらい、最低限の治療も施してもらった後、女性宅のベッドでぐっすりと眠ったそう。

 
生まれて初めて、心の底から安心することが出来たのでしょう。

 
まもなく地元の保護団体がマーセルのお世話を引き継ぎます。

 
代表のセリーヌさんによれば…

マーセルには喧嘩傷があり、歯も何本か失っていて頬が膿んでしまっていました。

それに耳にも凍傷があったので、少なくとも1度は屋外で冬を越したのでしょう。

きっと、もうひと冬を越すことはできなかったでしょうね。

 
臆病かつ神経質で、ちょっとした物音にもビックリしてしまう彼でしたが…

里親のリリーさんには心を開き、すぐに懐いて膝の上でのどを鳴らし始めたのだとか。

 
それから数週間ほどをかけて、マーセルはゆっくりと飼い猫生活に適応していきます。

 
ハグをしたりなでられたりするのが大好きになり…

リリーさんの声を聞き付けると、走り寄ってくるほどになりました。

 
表情も少しずつ柔らかくなっていって、昔の顔つきとは比べ物になりません!

関連:【子猫】引っ越し先で出会った野良猫に親切にしていたら…ちいさなサプライズ。生まれたばかりの子猫を紹介してくれた!

ハッピーエンド

そして、救助から2ヶ月後。

マーセルのことを家族に迎え入れてくれる飼い主も、無事に見つかりました。

 
表情からはすっかり悲壮感がなくなって、幸せそうな飼い猫の顔立ちに。

 
路上で発見されたころの彼とは、外見も性格も、まるで違う猫のようです。

辛かった過去を帳消しに出来るくらい幸せな毎日を送れるよう、心から願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ