【子猫】ユニークな外見を持つ子猫が、優しい犬のお姉さんと出会ったら…まるで「本当の姉妹」のように強い絆で結ばれた!

米フロリダ州にて、特別支援学級の教師を務めているローリさんは…

ある日、特徴的な外見を持つ子猫・ウィローと出会います。

 
ウィローは身体が小さく汚れていて、ノミにたかられていました。

どうやら親や兄弟はなく、独りぼっちのようです。

姉との出会い

ローリさんが自分の車へと向かうと、彼女はその後をついてきました。

とても小さい子猫でした。

放っておけば車に轢かれるか、さもなくば餓死するか…

なので、自宅で保護することにしたんです。

 
動物病院へ連れて行ったところ、ウィローはまだ生後5週間ほどであると判明。

健康上の問題はないものの、染色体異常のせいで特徴的な顔になっていることも分かりました。

獣医師は、もしこの子猫をアニマルシェルターに連れて行けば…

おそらくは「可愛くない」という理由で処分されるだろうと言っていましたね。

 
その後、ローリさんの自宅にやってきたウィローは…

先輩となるボクサー犬のエラと出会います。

彼女たちは、お互いにすぐに相手のことを気に入ったようでした。

エラはとても穏やかにウィローに接していましたね。

もしかしたら、ウィローは彼女のことを大きな猫だと思っていたのかも。

 
我慢強い性格のエラは、いたずら好きのウィローにも真摯に付き合います。

その結果、あっという間に本当の姉妹のように仲良くなったのだとか。

 
素敵な家族に囲まれて、ウィローはすくすくと育っていきました!

関連:【子猫】妊娠に気付かないまま引き取った野良猫が、7匹もの子猫を出産。すると先住犬が、ベビーシッターを引き受けてくれて…

かけがえのない家族

初めて出会った頃は、300グラムにも満たない小柄な子猫だったウィローですが…

やがて、見違えるほど立派な大人の猫に成長!!

 
大きくなっても犬のお姉さんとの仲は相変わらずで、毎日いっしょに遊んで過ごしているのだとか。

これからも家族仲良く、素敵な思い出を積み重ねていってほしいですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ