【子猫】 廃棄直前の車から救われた、母猫と6匹の子猫。親子でくつろげる素敵な部屋ももらい、幸せな未来へ突き進む!

ある日、動物レスキュー団体「Little Wanderers NYC」に、1本の救助要請の連絡が入ります。

聞くと…ニューヨーク市イースト・ハーレムのゴミ集積所に捨て置かれた車の中で、母親猫と6匹の子猫が見つかったそう。

 
翌朝レスキュースタッフが現地に向かい、猫たちを無事に保護。

 
どうやら彼らは車のバックシートを寝床にしていたようで…

廃棄処分の前に清掃作業員が発見し、間一髪のところで命を救われました。

快適な環境での子育て

健康に異常がないことを確かめた後、彼らを引き取った里親は、親子がくつろげる居心地の良いお部屋を用意してあげました。

 
母親猫は機嫌よくのどをゴロゴロと鳴らしながら、のびのびと子育てを楽みます。

最高の環境を提供してもらい、きっと深く感謝していることでしょう。

 
そんな手厚いケアの甲斐あって…

生後約3週間の子猫たちは、みんなすくすく元気に育っていきました。

関連:ゴミ箱の後ろで発見した子猫を保護。やがて適切なケアで元気を取り戻し、一安心かと思いきや…また鳴き声が聞こえて?

守るべき小さな命

動物レスキュー団体で働くリサさんは語ります。

里親制度は、なくてはならないものです。

保護シェルターに入る猫の数を減らして、救助が必要な子のためにスペースを空けておかなければなりません。

さらに、過去のトラウマや恐怖を克服するのを助けて、養子縁組の準備を整える役割も果たします。

 
彼らのハッピーエンドも、愛情と献身の賜物。

 
小さな命を守るべく、日々戦い続けるヒーローたちに…

改めて、心からの拍手を送らずにはいられませんね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ