不登校の原因は『ゲームやスマホ』にある? 伊集院光の意見は…

「子どもの不登校は、スマホやゲームによって引き起こされる」

そんな主張を巡って、タレントの伊集院光 (@HikaruIjuin)さんは、以下のような呟きを投稿しました。

 
ゲームのせいで不登校になるのではなく、不登校になったからゲームをする。

仰るとおり、こちらの意見のほうが説得力に満ちています。

「ゲームは悪じゃない」

問題の因果関係を調べることは非常に大切。

しかし、その作業は慎重に行わなくてはなりません。

 
まかり間違って、子どもたちの「最後の拠り所」すらも奪ってしまわぬよう…

まだまだ大人たちの間で、理性的な議論を重ねていく必要がありますね。

関連:『学校の皆勤賞はなくすべき』 とある女性の意見を巡って議論が勃発

みんなの反応

●スマホやゲームが不登校の直接的な原因のケースなんて…そりゃ0%ではないだろうけど、そんなのは極々一部だろうよ。スマホやゲームのせいにして本質を見失ってるか、あるいは見ようとしてないかのどっちかにしか思えないなぁ…

●うちの息子は虐めから不登校になりました。ゲームやパソコンをしていますが、よく「つまらないなぁ」「飽きた」と言ってきます。学校に行きたくても行けない、外に出ると「学校は?」と言われる。登下校の子どもが溢れる時間帯」はキツイ、ツライ時間帯です

●学校に行きたくない理由がある、もしくは学校に行く目的が見出だせないから不登校になるわけですよねおそらく。スマホやゲームは不登校の先の着地点であって出発点ではないような気がします

●結局、ゲームやスマホを禁止しても、学校が「子どもにとって『行きたい』と思える場」「学びのアクセスが保障されている場」になっていなければ、子どもをただ追い詰め、益々孤独にしてしまうだけだと思う

 
深く考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ