ガリガリにやせ細った子猫へ、愛情のこもったケアを与え続けたら…『ぬいぐるみ』みたいな甘えん坊へと成長した!

地域猫活動の最中に見つかった、小さなダドリー。

生後2カ月ほどですが、ガリガリに痩せていて、体重はたったの900gほどしかありません。

 
フロリダ州オーランドにある動物保護団体「Pet Alliance of Greater Orland」にて、里親ボランティアをしているリサさんが、彼に助けの手を差し伸べます。

 
体をきれいにし、お腹いっぱいご飯を与え、居心地の良いベッドを用意してあげると…

彼は飼い猫としての生活を、すぐに満喫し始めてくれました。

甘えん坊に成長中

性格はとてもおとなしく、撫でられているあいだはじっとベッドに座って、ゴロゴロと嬉しそうにのどを鳴らします。

 
sarani
さらに数日が経つと…

子猫はすっかり元気になると同時に、どんどん甘えん坊へと変身していきました!

わたしが座ると、すぐに膝の上によじ登ってきます。

立ち上がって用事をはじめたら後ろをついて歩き、体をすり寄せてきたと思ったら、足のうえにドスンと腰を下ろしてしまうのよ。

その姿は、まるでぬいぐるみ。

 
里親ママの膝の上に乗る機会を、いつでも狙っているようです(*´艸`*)

まったり過ごすのが大好き!

リサさんは語ります。

ダドリーはまだ小さいけど、大人みたいな猫なの。

あまり遊びたがらないけど、抱っこは大好き。

放っておけば、1日中でも膝の上に座っているでしょう。

 
もうご飯の心配も、住む場所の心配もありません。

 
大変な思いをした分も、これからは幸せな日々を送ってほしいですね(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ