譲渡会に参加した子猫。はじめは誰にも興味を示さなかったものの、ある男性に『運命』を感じてしまったようで…!!

ノースカロライナ州の動物レスキュー団体「Sparkle Cat Rescue」に保護された1匹の子猫。

 
アデリンと名づけられ、里親ファミリーに引き取られた彼女は…

快適な環境のもと、愛情をたっぷり注がれてすくすく成長していきました。

運命の出会い

そんなある日、レスキュー団体が主催する猫の譲渡会に参加することになったアデリン。

 
何人もの人が会いにやってきましたが、彼女は誰にも興味を示しません。

ところが、スティービーさんを見た瞬間



 
自ら彼のほうに歩み寄り、抱き上げられると、すっぽりと腕の中に納まったといいます。

 
あまりにも居心地良さそうな様子だったため、スティービーさんは抱っこしたまま、会場内を見てまわることにしました。

 
その後しばらくして…

ほかの猫たちとも交流を図ろうと彼女を降ろしたところ、あきらかに不機嫌になったのだとか。

 
レスキュー団体の創設メンバーであるステファニーさんいわく…

アデリンはとても怒っていました。

ほかの人がきて彼女を抱き上げようとすると、うなり声をあげるんですよ。

関連:午前3時に訪問してきた、大柄でヒゲをはやした男性。彼は子猫をポケットから取り出して…女性に『あるお願い』を伝えた

幸せを掴んだ

不満を訴えるかのような子猫の声を聞きつけ、たまらずスティービーさんは戻ってきたそう。

彼に対してだけは、なぜか可愛いぬいぐるみのようにおとなしかったんです。

これから一緒に暮らしていく家族を選んでいたのでしょう。

 
こうして彼女は…

めでたく、スティービーさんのお家に迎え入れられることになりました!

 
自らの手で幸せを掴んだアデリンが、これからも素敵な日々を送れるよう祈っています(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ