独りぼっちで川辺をさまよっていた子猫。優しい人たちと触れ合って、人間のことが大好きになっちゃったみたい!

カリフォルニア州のバイセイリアにある川辺で、1匹の子猫が発見されました。

生後4週間ほどですが、周辺に母親猫の姿は見当たりません。

どうやってママとはぐれてしまったのか、皆目見当もつきません。

ひとりっきりで危ない場所にいて…

とても小さく、目だけがクリっと大きい子でした。

 
すぐさま保護された彼は、カリフォルニア州のパーリアーにある動物保護団体「The Cat House on the Kings」に運ばれました。

人間が大好きに

ドリアンと名づけられた子猫は、スタッフのカルラさんのお世話になることに。

 
仕事中はもちろん、週末もつきっきりの手厚い看護を受けます。

 
お世話をされるたび、まるでクラシックカーのように大きな音で、ゴロゴロと嬉しそうにのどを鳴らすのだとか。

たくさんの愛情を注がれて、子猫は次第に元気になっていきました。

 
生後10週間で、体重は900gほど。

体は小さいながら、素敵な個性も見せ始めます。

 
毎食後は、待ちに待った抱っこタイム。

人懐っこい彼は、この時間が大好きで…

自分の要求を聞き入れてもらうまで、あきらめずに鳴き声をあげ続けるそうです(*´艸`*)

 
またドリアンは、ひとりぼっちになるのを嫌がり…

お家の中では里親ママの後ろをついて歩きます。

 
愛する人たちのそばにいることが、彼にとって何よりの幸せなのですね。

関連:動物に全く興味がなかった男性の人生は、「ある子猫との出会い」で一変した!

幸せに包まれて

優しい人たちのおかげで、子猫の運命は大きく変わりました。

 
これからも末永く素敵な人生を送れるよう、心から祈っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ