親に捨てられた2匹の子猫。お互いを支え合い、逆境を乗り越える!

タグ

とある人家の裏庭で発見された4匹の子猫。

辺りに母親猫の姿はなく…

しばらくして、2匹が息を引き取ってしまいます。

 
生き残った2匹は、アメリカのジョージア州にある動物保護団体のもとに届けられました。

 
未熟な状態で生まれたようで、新生児としては、かなり小さいサイズです。

仲良し姉弟

それぞれモニカ、ロスと名づけられた子猫たち。

どちらもノミまみれで、お腹や足にアリが噛みついていたため、優しいボランティアに体をきれいにしてもらいます。

 
モニカは、先天性の障害を抱えていました。

里親ボランティアをしているキャロルさんいわく…

屈筋腱が癒着しているため、彼女の後ろ足は後方にねじれ曲がっています。

ちゃんと歩けるようになるかどうかはわかりませんが、できる限りのことをしてあげたいです。

 
足には添木が当てられ、理学療法による治療も開始。

キャロルさんは、毎日根気よく、彼女の足にマッサージやストレッチを施します。

 
そんな彼らの隣には…いつもロスの姿がありました。

静かに見守る姿は、まるでモニカを励ましているかのようです。

 
6週間が経ち、モニカの足はずいぶんよくなりました。

歩けるようになっただけでなく、ほかの猫と同じように走ったり、高いところに登ったりすることも出来ます!

彼女が生まれつき足が悪い子だなんて、きっと誰も思わないでしょう。

2匹とも元気で、とっても幸せそうです。

 
生後10週間を迎え、ようやく生後6週間の猫と同じサイズに成長した彼らは、まだ小さいながらも、それぞれに素敵な個性を見せ始めます。

 
モニカはやんちゃで好奇心旺盛なタイプ。

 
一方、ロスは優しくて甘えん坊なタイプなんだとか。

 
性格は異なれど、眠っているときも、遊んでいるときも、いつでも一緒です。

関連:解体現場で見つかった体重97gの子猫。小さな体で戦いぬいた果てに…

最後の冒険

心細い思いもしたであろう2匹は…

優しい人たちに保護され、お互いに支え合ったおかげで、すべてを乗り越えることができました。

 
これから「生涯のお家」探しという最後の試練に臨むモニカとロス。

彼らの未来が、あふれんばかりの幸せで満ちるよう祈ってやみません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ