体が小さく「生き延びられない」と言われた子猫。それでも必死のケアを通じて…

アメリカ・ニューヨークにて、動物保護のボランティア活動を行っていたジェスさんへ…

ある日、里親を探している子猫たちがいるとの連絡が入ります。

彼らは、道端の排水溝に取り残されていたところを発見された、とのことでした。

周囲に母猫の姿は見当たらなかったみたいです。

小さな子猫

子猫たちは生後2週間ほどの幼さで、栄養不足からか、その体はとても小さかったとのこと。

 
特に、ひと際小柄なヘンリーの体重は122gと、同年代の他の子と比べて半分ほどしかありません。

 
母猫もおらず、衰弱しきった幼い子猫たちが健康を取り戻すのは非常に大変。

だからこそ…ただでさえ頼りなく見えるヘンリーは、「おそらく生き延びることが出来ないだろう」とまで言われていたそうです。

 
それでもジェスさんは、けっして子猫たちを見捨てませんでした。

5匹を迎え入れ、哺乳瓶でご飯を食べさせたり、身体を温め続けたり、つきっきりで看病してあげます。

 
そんな尽力のおかげで、彼らは少しずつ生きるための活力を取り戻していき…

やがて鳴き声を上げることすら出来なかったあのヘンリーも、いつしか「ご飯が欲しい」と元気よく訴えるようになったのです。

 
少しずつ、十分な体重と元気を取り戻していった子猫たち。

中でも、大のお話し好きなヘンリーのエネルギーは凄まじく…

ジェスさんに構ってもらおうと、四六時中鳴き続けていたといいます(*´艸`*)

他の兄弟と比べれば、まだ身体は小さい方ですが、一歩ずつ着実に追いついていますね。

私の膝の上に飛び乗って、眠たくなるまで延々と甘えてくるんですよ。

彼はとても気の良い性格で、兄弟たちとも仲良くやっています。

今は、どうやって遊ぶかを学んでいる最中ですね。

関連:保護団体に拾われた子猫。「優しいパパ」と出会い、新たな人生の一歩を踏み出す

報われた尽力

救助されてから3週間が経つ頃には、すっかり健康を取り戻した5匹の子猫たち。

看病のために、眠れない夜もありましたが…

あの小さかったヘンリーでさえ、体重も1ポンド(約450グラム)の大台に乗ったんです!

里親として、これほどに誇らしいことはありません。

 
例え生き延びる見込みがないと言われても、無垢な子猫たちをけっして見捨てなかった、里親のジェスさん。

その頑張りに、心から称賛の拍手を送りたいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ