引き取り先が決まらない子猫と、兄弟を失った子猫。孤独な2匹が出会ったら…?

兄弟と共に保護された生後1週間の猫・ビョルン。

 
アメリカ・ノースカロライナ州で預かりボランティアをしているケリーさんの元へ引き取られた彼は、兄弟の中でも一番小さな猫でした。

 
発達が遅れていた彼は、他の猫と同じように動けるよう特別なリハビリを受けましたが…

兄弟達はその間に新しい家族の元へと旅立ってしまいます。

運命の出会い

ちょうどその頃、ビーンという猫が保護されました。

3匹の兄弟だった彼ですが…

1匹を事故で亡くし、もう1匹は行方が分からなくなってしまったと言います。

 
体調チェックを終えたビーンを見ると…

ビョルンはまるで彼を慰めるかのように、すり寄って行きました。

とても恥ずかしがり屋だったビーンも、新しい友達の熱烈な歓迎を受けて、少しずつリラックスしていったようです。

いつも遊んでいるか寄り添っているか、どちらかの後を追っているかなんです。

片時もそばを離れません。

 
その後、野良猫だったビーンは、ビョルンから人を信頼することを学んでいきました。

ビョルンには、まるでパーソナルスペースがないみたいです!

関連:保護された、とっても甘えん坊な子猫。そんな彼の『お気に入りスポット』は…!

新しい家族の元へ

やがて揃って新しい家族の元へと旅立って行った2匹。

 
ケリーさんは素晴らしい家族が見つかって、とても幸せだと語ります。

この喜びは言葉にすることはできません。

この気持ちを味わうために、預かりボランティアをしているんです。

全く違う環境で育ち、不思議な巡り合わせで共に幸せをつかむことができたビョルンとビーン。

 
彼らは今日も寄り添って、のんびりと穏やかな時を過ごしていることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ