生まれつきの疾患を抱えた子猫。そんな彼女のお気に入りは…ギターの音色!?

生まれてすぐ母猫に置き去りにされてしまった子猫・ローズマリー。

 
カリフォルニア州の保護団体・Mini Cat Townのもとへと連れてこられた彼女を見て…

メンバーはすぐに、その発達が遅れていることに気が付きます。

 
いくつかの獣医を回った末、甲状腺の機能に異常があることがわかりました。

 
親に捨てられたのも、この疾患が原因だったのでしょうか。

あまりにも過酷な運命に言葉が出ません。

 
しかし、そんな不運を跳ね飛ばすかのように…

彼女は愛情あふれる性格で、すぐに周りのみんなの心を鷲掴みにしました。

お気に入りは…

そんなローズマリーのお気に入りは、なんとギター

弾いている人を目の前で座ってじっと見ているか、その膝に乗って眠ってしまうといいます。

 
その後、薬を飲み始めて1ヶ月がたつと、300グラムからなかなか増えなかった体重もようやく増え始めました。

部屋中を走り回ったり、おもちゃを追いかけたり…

治療を始める前の元気のない彼女とは、まるで別の猫のようです。

おしゃべりもとっても上手で、部屋に入ると挨拶してくれます。

 
しかし、やんちゃな彼女もやっぱりギターの前ではリラックス(*´艸`*)

本当にやさしくて、人懐っこくて…

誰も彼女を拒むことはできません!

関連:警戒心から牙をむき、パンチを繰り返す子猫。でも「あの最終兵器」を見せると?

困難に負けない

ローズマリーは、今後もずっと薬を飲み続け、疾患と付き合って行かなければなりません。

それでもなお、彼女は常に強い心を持ち、前向きに生き抜いていくことでしょう。

 
困難にも負けず、毎日を精一杯楽しむその強さに、ただただ脱帽です。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ