親友の猫をガンで失って以来、その姿を探し続ける愛犬。切なくなった飼い主は…

ジェン・フィリオンさんと暮らすゴールデンレトリバー・フォースバーグの横には、常に赤茶色の「親友」がいました。

 
いつも寄り添いあって、お互いがお互いを大好きだった2匹。

 
しかし、ある日…

15歳を迎えた親友は、甲状腺がんで亡くなってしまいます。

悲しみを癒やしたのは…

突然の出来事に、フォースバーグはひどく混乱したようで…

その姿を探すように、いつもウロウロと歩き回っていたそうです。

 
そんな愛犬のあまりに落ち込んだ様子を見かねて…

フィリオンさんは新たな子猫を迎え入れることにしました。

 
新しくやってきた子猫・マックスウェルは、毛がふさふさのとても小さな黒猫です。

 
いなくなってしまった大切な仲間とは、全く違う姿。

それでも…フォースバーグにとっては、楽しかった思い出を呼び起こす「奇跡の再会」だったのでしょう。

 
彼を見るや否や、すぐに元気を取り戻したといいます。

 
マックスウェルもすぐにフォースバーグになつき…

2匹は寄り添いあうようになりました。

関連:血の繋がりも種族も超えた愛。とある子猫を救った「2匹の母」の物語

大きくなっても

そして月日が立ち、とても小さかったマックスウェルもこんなに大きく成長!

 
もちろん、フォースバーグとの友情は変わりません。

 
言葉では癒やせない悲しみを吹き飛ばした、新しい相棒。

切なくも優しいお話に、心が温まりました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ