どこからか聞こえてきた猫の声。必死に探した結果、見つかった場所は…!

ある日のこと。

アメリカ・カリフォルニア州の保護団体spcaLA South ay Pet Adoption Centerのスタッフの一人が、どこからか聞こえてくる猫の鳴き声に気がつきます。

 
建物中を探してもなかなか見つからないため、外へ出てみると



 
声の主である子猫は、なんと「郵便受けの中」にいました。

弱ってはいましたが…

生きるために助けを求めて、必死で鳴き続けていました。

元気を取り戻した子猫

すぐに施設に運び込まれ、処置が始まります。

脱水症状を起こしており、かなり無気力な様子でした。

しかし、点滴を施すとすぐに生気を取り戻したようです。

 
生後2週間ほどの子猫はブレットと名付けられました。

 
初めのうちはなかなか体調が安定しなかったものの…

預かりボランティアの元で24時間体制のケアを受けると、どんどん元気を取り戻していきます。

 
遊び好きで活発で、とっても甘えん坊。

 
辛い経験をしたにも関わらず、いつでもご機嫌です。

関連:-20℃の吹雪の中で発見された子猫8匹。献身的なケアと愛情が、彼らの命を繋いだ

新たな家族の元へ

6週間後、病院での最終チェックを終えたブレット。

新しい家族を探す準備も万端です。

 
幸せを掴むまで長い道のりでしたが…

たくさんの人々に支えられ、愛嬌たっぷりの魅力的な猫へと変貌を遂げました。

 
彼がこの先二度と悲しい思いをすることが無いよう、切に祈ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ