施設で絶望の表情を浮かべていた猫。しかし飼い主が決まると、わずか1時間で…

シェルターの中で、孤独に死を待つ日々を送っていた猫のベンベン。

 
ここへやってくる前に、大きな動物に襲われたせいか…

背骨はつぶれ、体にはひどい傷があり、そして耳の一部が、大きく腫れ上がっていました。

 
引き取り手が見つかるあてもなく…

彼自身、死期が近いことを悟っていたのでしょう。

 
その表情は、いつも悲しみでいっぱい。

 
ものを食べないばかりか、水も飲まず…

ついには、いつしか動くことすらしなくなってしまったそうです。

 
そんなあるとき、ベンベンに大きな転機が訪れます



動物病院で働く1人の女性が、彼の話を聞き、「ぜひ引き取りたい!」と申し出てくれたのです!

 
安楽死の予定日直前に起こった奇跡。

ベンベンは、ついに温かい家庭へ迎えられることになりました。

 
そして、女性の家で過ごし始めてから、わずか1時間。

 
絶望した様子で生きることを諦めていたベンベンは



見違えるような明るさを取り戻します!

 
「もう自分は大丈夫」

 
ほんの僅かでも、優しい飼い主さんと過ごすうちに、そう確信したのかもしれません。

関連:嵐の中で凍えていた子猫を「一晩だけ」と泊めた女性。しかし、予想外の結末に!

 
過去に獣医から「2度と歩けないだろう」と宣告された彼も…

現在では歩くだけではなく、走ったり、ジャンプしたりもできるようになったとのこと。

 
自分を愛してくれる誰かの存在。

その大切さを、改めて思い知らされるようなエピソードでした。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ