『愛犬との最期の散歩に集まってほしい』 SNSで呼びかけたら…胸が熱くなる光景

重い病に苦しんでいた、18歳の老犬・ウォルナット。

 
飼い主であるウッズさんは…そんな愛犬を楽にしてあげたい一心で、彼の「安楽死」を決断しました。

そして、どうか素敵な思い出を残してあげたいと、Facebookにてこう呼びかけたのです。

 

とても悲しいことだけれど、ウォルナットの安楽死が11/12に行われることになりました。

そこで9時30分から、ウォルナットが大好きなポーズビーチで、「最期の散歩」をしたいと思っています。

 
犬を愛する人、犬を飼っている人、友人たち…。

どうかみんなで、ウォルナットを祝福し、一緒に散歩をしてやってくれませんか?

 
彼は18年もの間、私たちを愛し続けてくれ、そして今、永遠の眠りにつこうとしています。

土曜日に、皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

 
やがて迎えた当日。

ウッズさんとウォルナットが海岸にやってくると





そこには、なんと数百人もの人たちが!!

 
沢山の仲間に囲まれながら、ウッズさんとともに大好きだったビーチを眺めるウォルナット。

 
「会えなくなっても、いつだって思い出せる」

2人の心には、かけがえのない光景が刻まれたに違いありません。

関連:最愛の兄弟を亡くした犬。悲しむ彼に、飼い主がプレゼントしたのは…

 
その日の夕方、ウッズさんは再びFacebookに投稿しました



ウォルナットは今日の午前11時56分、私たち家族と3匹の犬が見守るなか、永遠の眠りにつきました。

彼は、私の腕の中で安らかに亡くなりました。

 
私は、家族とウォルナットをサポートしてくれたすべての人々に感謝しながら、この投稿を書いています。

今朝、最期の散歩のために集まってくれた何百人の人々。

そして、その場には来れなくてもウォルナットのことを考えてくれながら、愛するペットを散歩に連れて行った世界中の人たち。

本当に、ありがたく思っています。

 
いなくなってほしくない。

苦しんでほしくない。

どちらも、ペットを愛する全ての人が共通して抱く願いです。

 
「その時」が来た家族のため、私達に何ができるか。

深く考えさせられると同時に…胸が熱くなるエピソードでした。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ