耳を失いながらも必死に生きのびた猫は、「人々の愛情」で生まれ変わった!

ある日、カナダ・モントリオールに住む女性の自宅に現れた1匹の猫。

一目見ただけで、すぐに獣医の助けが必要だとわかるほどに衰弱していました。

具合もかなり悪そうで…

とても放っておける状態ではありませんでした。

 
女性はなんとか彼を捕まえ、地元の保護団体Chatons Orphelins Montrealに助けを求めます。

もう何年も前から一人きりで生きてきたようです。

過酷な環境を生き抜いていたのでしょう。

とにかく全身ひどい状態でした。

 
身体中に喧嘩の傷があり、歯は外科手術を受けなければならないほど悪く…

 
耳は厳しい冬の寒さによる凍傷と細菌感染によって、もはや原型を留めていません。

 
さらには免疫機能が著しく低下するFIVという感染症も患っており、回復にはかなりの時間を要することが予想されました。

 
それでも病院のスタッフたちは、彼をハンシックと名付け、諦めることなく懸命の治療を続けます。

 
そして3ヶ月後





努力は、実を結びました!

 
施設に来てすぐの頃は、いつも物陰に隠れていたハンシックも…

やがて注目されるのが大好きな甘えん坊になったそう(*´∀`*)

ハンシックは、誰かに大切にされることもなく孤独に生きていました。

しかし今では、彼のことを想う人々に囲まれて信頼することを学んでいます。

関連:『一緒に連れて行っちゃおう!』 旅行直前、2匹の捨て猫を発見した女性は閃いた

 
みんなの後をついて回り、何をしているのか見届けたり…

 
撫でて欲しいとお願いしたり…

 
心ゆくまで、愛情たっぷりの生活を満喫しているようです(*´艸`*)

 
耳を失いながらも、生きることを諦めなかったハンシック。

 
彼が今まで逃した分の幸せも取り戻すことができるよう、心から願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ