ボロボロだった子猫が、その瞳を開いたら…素敵な「ビフォーアフター」に悶絶!

アメリカ・カリフォルニア州モントクレアにある保護施設に運び込まれた、1匹の子猫・ルル。

栄養失調状態にあったほか、上気道感染症を患い、目も開かず呼吸もままならない状況でした。

 
すぐに抗生物質が投与され…

 
まもなく、何とか自力で食べ物を口にすることができるまでに回復します。

関連:会社で飼っている猫の周りに何故か大量のドル札→原因に気づいた経営者は…

 
その後、閉じてしまっていた目も開くことができました!

 
それから、数週間が経ち





命も危うい状態だったルルは、こんなにも愛らしい姿に変身!!

 
人なつっこく元気いっぱいな姿からは、保護された当時の様子を想像することはできません。

助けることができて、本当に良かったわ。

 
ようやく輝きを取り戻したクルクルの瞳で…

彼女はきっと今日も、多くの人々を笑顔にしていることでしょう(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ