病気で歩行すら不安定な猫。それでも彼は、他の動物のために「お世話」を続ける

野良猫のウォルターがニューヨークで保護されたのは7歳の時。

様々な疾患を抱えていた彼は、フェアポートの愛護団体「Lollypop Farm」に送られます。

ウォルターはひどい状態でした。

毛は縮れ、体中ノミだらけで、後ろ足と足裏にひどい炎症を起こしていたのです。

 
加えてその体は、「マンクス症候群」と呼ばれる病気にも冒されていました。

マンクス症候群の猫は、脊椎の数が少ないことがあり…

それによって歩くのが難しかったり、尿意を抑えることができません。

 
そんなひどい状態にありながらも、ウォルターは元気な様子で、面倒を見てもらえるのを楽しんでいる様子。

 
Lollypop Farmの獣医チームは、必死に看護を続け…

炎症を治し、ノミを殺虫し、足の補強に鍼治療を施しました。

ウォルターは徐々に回復し、私たちが「ビーチ」と呼んでいる場所がお気に入りになりました。

手術を受けた動物たちが麻酔から気持ちよく目覚めるため、ここには温熱マットが敷かれています。

 
やがて、ビーチにやって来る動物たちの「お世話」に目覚めたウォルター。

看護婦のアマンダさんによると、体をなめてキレイにしてあげたり、寄り添ってあげたりする彼の行為が…

術後の子猫たちの早期回復に、大きく貢献しているとのことです。

患者としてここに来たウォルターは、広範囲の治療を受けてもなお、日々の生活で手助けを必要としていた。

だから私たちクリニックのスタッフで相談して、彼にはずっとここで暮らしてもらうことにしたの。

 
加えて、ウォルターが面倒を見てあげているのは猫だけではありません。

 
犬や…

 
時には農場で飼われている鶏まで、甲斐甲斐しく見守っているのだとか(*゚∀゚*)

 
無論、彼自身もまだまだ治療が必要な身。

獣医チームは、彼の後ろ足の良い状態を保つために、一緒に施設の周りや新しい場所を散歩したり、新しい動物に会わせたりと看護を続けています。

こういったセラピーは、ウォルターの行動能力や後ろ足の強化に大変有効なの。

それに彼は私たちに看護されているお返しに、他の動物の世話をしてくれている。

彼の愛情を受けた動物が、さらにお互いの面倒を見合っているのよ。

 
ウォルターが施設にやって来て早2年。

9歳のお誕生日は、スタッフみんなでお祝いしたそう。

ウォルターは今やこのクリニックに欠かせない存在なの。

他の部署からもみんな彼のお誕生日に駆けつけてくれたわ。

関連:妊娠が発覚した女性。それ以来、ともに暮らす飼い猫が「不思議な行動」を取り始めて?

 
彼は今も、保護された動物たちが引き取られていくまでの間、相変わらず献身的に世話をしているとのこと。

動物たちも、彼にとても感謝しているんですよ。

 
その溢れる愛で…

ウォルターはこれからも、たくさんの仲間たちを救っていくに違いありません(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ