庭に住む野良猫が、どんどん元気を失っていく。何事かと様子を見たら

カナダ・モントリオール市のとある家の庭に、1匹の猫が現れました。

その存在に気づいた時から、家主は毎日ご飯をあげ、専用の小さな家も用意するなど、できる限りの世話を見ていたのですが…

ある日を境に、なぜか彼女はどんどんと元気をなくしていきます。

 
いったいどうしたのだろう?

不思議に思い、家主が近づいて様子を見てみると



なんと、4匹の子猫を抱えているではありませんか!

 
彼女が衰弱していたのは…

自らの体を張って、我が子を寒さから守っていたためでした。

 
4匹の子猫のうち、残念なことに2匹は命を落としてしまいましたが、もう2匹は一命を取り止めます。

 
そして、この話を耳にした保護団体「Chatons Orphelins Montréal」が、母猫をシドニー、子猫たちをそれぞれメリ、メロと名付け、彼らを預かると名乗り出ました。

 
保護団体のセリーヌさんによると、シドニーもまだ1歳に満たない非常に若い猫とのこと。

 
里親にはすぐに懐き、体を擦り合わせたり、キスしたりするようになったそうです。

シドニーは母親として本当によく頑張ったわ。

子猫たちを離乳までちゃんと育て上げたの。

その後避妊手術をしてからは、さらに人との関わりを持つことに積極的になっていった。

構ってもらうのが大好きで、里親のそばから離れたくないみたい。

関連:鳴き声を上げていた野良猫を保護して一安心→あれ?まだ鳴き声が聞こえる…!? 8枚

 
そんなシドニーに、さらに嬉しいニュースが飛び込みます。

今回の話をFacebookで知ったジュリアさんが、彼女に一目ぼれし、貰い手になることを申し出てくれたのです(*´ω`*)

 
ママがハッピーエンドを迎えたら、次は子どもたちの番。

生後3ヶ月のメリとメロも里親のもとで順調に成長しながら、飼い主を探しているところだといいます。

 
別々の人生を歩むことになるとはいえ…我が子が幸せに暮らせるならば、シドニーにとっても本望に違いありません。

どうか素敵な引き取り先が見つかることを、心から願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ