線路で横たわる仲間を必死で守る犬、そして…。衝撃的な動画に震えた

その日、ウクライナ在住のDenis Malafeevさんは「ある衝撃的な光景」を目の当たりにして、動画を撮らずにはいられませんでした



雪の中、線路の上で動けなくなった1匹の雌犬の側に、彼女の仲間と思われる雄犬が寄り添っています。

 
心配して駆け寄ろうとすると、友達に危害を加えられると感じてか、雄犬が必死で抵抗するため、周囲の人々もただただ見守るしかできません。

 
と、その時…!

Денис Малафеевさんの投稿 2016年12月25日日曜日

 
頭を地面につけ、電車をやり過ごす2匹…。

海外メディアが報じたところによると、彼らはなんと2日間もの間、この場にとどまっていた可能性が高いそうです。

 
後に、怪我をしていた雌犬はルーシー、彼女をかばっていた雄犬はパンダという名前であることが判明。

どうやら彼らは、住んでいた家から逃げ出した末に、この場所に迷い込んでしまったようでした。

関連:愛犬との「最後のドライブ」を7年間忘れられなかった少女に、驚くべき奇跡が訪れた!

 
通報を受けたレスキューが現場に到着し、すぐさま2匹を保護。

必要な治療を受けさせた後、元の飼い主の家へと引き渡されました。

 
世にも恐ろしい目にあったルーシーとパンダ。

彼らが感じた心細さ、そして、ルーシーを守るために必死で戦い続けたパンダの気持ちを思うと、胸が張り裂けそうになります。

 
飼い主には、慈善団体の元に集まった寄附金をもとに、適切な飼育環境を整えるよう指導が行われたとのこと。

二度とこのようなことが起こらぬよう、心から願ってやみません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ