クレーム対応のプロは、謝罪に行った家の座布団に座らない。なぜなら

天童893(@emal_gs)さんのツイートによると、クレーム対応の専門家は、相手の自宅へ謝罪に行った際に「ある注意事項」を心掛けているそう。

それは



 
怖すぎる…!!((((;゚Д゚))))

 
座布団に座ってメガネが割れたら、さらなるクレームへと発展してしまいます。

 
クレーム対応のプロが存在するならば、クレーマーのプロも存在する、というわけですね…!

関連:『電話が苦手なので』 サポセンスタッフに「あるお願い」をしたら?

 
ネットの反応

●その発想は無かった、勉強に成りました

●クレーマーは金取る事しか考えてないから、家にもありとあらゆるトラップが仕掛けてあるとか聞いた

●マジか! クレームつけることが生き甲斐みたいになってる人いるもんなぁ

●闇が深い

 
ゾッとするお話に、他のユーザーたちからも悲鳴が沸き起こっていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ