レイプ被害者への「心無いバッシング」に、90過ぎの祖母がブチ切れた

やぎきち (@chomoco02233)さんのおばあちゃんは、過去に「とある事件」を巡り、知り合いと大喧嘩をしたことがあったそう。

 
心の底から、おばあちゃんに同意する他ありません。

 
「我慢できなかった」ですべての罪が正当化されるのであれば、法律など無用の長物。

 
おっしゃる通り、「夜道を歩くのが悪い」「一人で歩くのが悪い」などといった考え方も、そもそも暴漢がいなければ生まれえない発想です。

 
ネットの反応

●事件の責任は100%レイプ犯。被害に逢いたくなければ予防策はあったかもしれない。けど、それを取らなかった事で自己責任と責められるべきじゃないし混同しちゃダメ

●こういう90歳になりたい

●これこそが「正論」です。その場で言い返せ、やり返せ、は、「正論」ではない

●全くその通りだと思う

 
日本では、事件に遭遇する可能性そのものが低いと考えられているせいか、こうした犯罪が起こるたび、自衛の重要性のみを過度に力説する声が方々から聞こえてきます。

しかし…

本当に「悪い」こととは何なのか。本当に「正しい」こととは何なのか。

おばあちゃんは、大切な前提が見失われつつあると感じたからこそ、激怒したに違いありません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ