【不思議】小学1年生の娘に「あるもの」を渡したら、問題を解くスピードが上がった話

しんざき (@shinzaki)さんが投稿した、小学1年生の娘さんのエピソードに注目が集まっています!

 
そんな効果が…!!Σ(゚Д゚;)

 
なんとも不思議なお話です!

 
「既に理解している」という前提を頭に置くことで、苦手意識が薄れるメリットもあるのかもしれません(*´∀`*)

関連:小3娘『夏休みは映画観るためにあるんじゃない?』 そして親子が始めたのは…!

 
ネットの反応

●分かる。人に教えようとすると考えが整備されるんよな

●アウトプットの重要性が分かりますね

●解説実況ごっこしながらゲームすると上手くいくみたいなもんかな?

●元小学校教員として断言しますが、切り替わります。受動的な学習から能動的な学習に変わったのです

 
我が子が宿題などで煮詰まっている場面に遭遇した際には、薦めてみるとよさそうですね!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ