警察署の周りをうろつく1匹の野良猫。そしてある日、彼女は意を決して鳴き声を上げた

韓国・釜山での出来事。

とある警察署の周りをうろついていた一匹の野良猫が、ある日意を決したように…

警官たちに向かって、助けを求めるような鳴き声をあげました。

 
警官たちがこの野良猫を発見したのは、数か月前のこと。

彼女の子猫が車にひかれて死んでいたのを見つけて不憫に思い、埋葬してあげたのがきっかけでした。

 
もしかして、また何か困っているのかもしれない。

念のためにと、猫の健康状態を確認してみたところ



なんと、彼女は「妊娠」していました!

どうやら安全に出産できる場所をずっと探していたようです。

 
そして、しばらくすると…

母猫は4匹の子猫を無事出産!

 
以来、彼ら親子は警察署のマスコットになりました。

 
なお、母猫は、韓国語で「知らない」という意味の言葉であるモーランと名付けられたそうです。

その出身も年齢も、何から何まで分からない、というのが由来なんだとか(*´艸`*)

関連:保護された子猫が、自分よりもっと幼い保護猫2匹と出会った結果?

 
その後、モーラン一家は署の一員として、同僚たちのお仕事を一生懸命手伝っています。

 
もちろん、「敬礼」も欠かしません!

 
優しい警官たちに見守られながら、すくすくと成長していく子猫たち。

悪者が寄り付かないこの場所は、彼らにとって最も安全な住居かもしれませんね(*´▽`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ