事故に遭った男性と、そばで心配そうに見つめる犬。彼らが抱える「秘密」に言葉を失う

事故に遭った男性が、病院のベッドで寝ています。

 
かたわらには、心配そうにベッドを見上げる一匹の犬。

 
そして…

男性が目を覚ますと同時に、犬も駆け寄りその無事を喜びます。

 
一見すると、とても幸せな場面。

しかし、このシーンの裏には、あるやりきれない秘密が隠されていました。

 
セリフのない、胸に迫る物語を、ぜひ動画でご覧ください。

キャプチャ画像

事故に遭った直後の男性。

車の下敷きになり意識を失っているところを、犬が引っ張りだして助けます。

その直後、車は炎上。もしも犬がいなければ、男性は確実に命を落としていたでしょう。

 
そして時間はさかのぼり、事故の直前へ。

車を運転している男性。

バックミラーに、車を追いかける犬が映ります。

 
男性はその犬の姿に気を取られ、車のハンドル操作を誤ってしまい、そして事故に遭ってしまったのです。

 
時間はさらにさかのぼります。

鬱蒼とした森の中にやってきた男性。

 
車中には、どうやらあの犬がいるようです。

外に出してやると、遊ばせてもらえると思ってはしゃぐ犬。

 
しかし、男性の目的は別にありました。

彼はこの犬の飼い主で、森に犬を捨てに来たのです。

 
首輪を外し、車で走り去っていく男性。そして、その車をじっと見つめる犬…。

 
上記の動画は、フランスで動物愛護と命の大切さを教える活動をする団体「The 30 Millions d’Amis Foundation」が、キャンペーン用に作ったもの。

物語の最後には、こんなメッセージが寄せられています。

彼は決してあなたを見捨てない。

どうか捨てないで。

 
一緒に過ごした大切な時間を「お互い」がどう感じているのか、しっかりと考えてみてほしい。

そんな思いが詰まった一本ですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ